保育園

卒業すれば取得できる

保育士の学校を卒業すると、それだけで資格が取得できます。国家試験を別途受ける必要はありません。多くの学校では、同時に幼稚園教諭や小学校教諭の免許が取得できるコースがあり、複数の資格が取れるチャンスがあります。

最新記事一覧

教材

関連するものがある

ビジネス系の資格の中には、試験範囲が重なっていたり内容が重なるものがあります。関連する別の資格を持っているとき、その部分の勉強を節約できるかもしれません。少しの勉強でプラスアルファーになるものを見つけると良いでしょう。

食材

資格取得や内容について

食育アドバイザーは、身近な食事の大切さを伝える普及・推進を担う存在です。受験資格は特にありませんが、指定通信講座のカリキュラムをすべてこなす必要はあります。修了により受験資格が得られるという事になります。

男性

資格取得の為に

行政書士試験は1回で合格する方の方が少ない試験です。試験当日の夜には出される解答速報は最新の過去問題であり、自分の合否確認と共に不合格の場合は新たなスタートを早くできるデバイスです。行政書士試験は難しい試験なので、通信講座や予備校を活用する方が多いです。

女の人

学卒の人が資格を取る

保育士資格は、保育専門学校を卒業すれば授与されます。そして、もう一つの方法として、毎年行われる国家試験に合格する方法があります。保育士試験は、短期大学以上の学歴があれば、誰でも受験できます。ただ、専門的な知識が必要とされるので、通信教育や夜間学校などの受験対策は重要です。

試験を突破するには

女性

適切な目標設定と問題分析

行政書士になりたい方々が一番悩むのがその勉強手段です。なぜなら、行政書士試験の合格率は低く、その問題の内容からきちんと勉強をしてなければ合格できないからでしょう。誰もがそう思います。しかし、行政書士試験は国家試験の中でもそう難しくない部類に入ります。それは、特に大きな受験資格の制限がなく、誰でも受験できる試験の為、きちんと勉強して受験する人とそうでない人に受験生が二極化するからです。つまり勉強すれば誰でも合格できるということです。それでも合格できないのであれば、勉強方法を見直す必要があります。まず、自分で行政書士試験の日まで何をすべきかを決めることです。一度に多くの法律の知識を覚えようとしてもそれは不可能です。その為、期間を決めたらそれまでの期間中にどの法律の内容を勉強するか目標を定めます。個々人の勉強ペースは違いますから、自分に合ったペースを定める事がまず重要です。それから、試験の勉強について、まず一番最近出題された試験の解答速報を参考にする点です。解答速報は、行政書士試験の出題傾向を知る一番の手がかりです。間違っても、テキストの基本項目を覚えてから問題を演習するという勉強はしない方が良いです。いくら基本項目を覚えていても、それが問題を解くという実践に繋がらなければ意味はありません。当年度の解答速報を一度解いてみて、その問題の選択肢がどうつくられているか分析するのが重要です。つまり、問題作成者が受験生に対してどう間違えさせるのかを考えます。逆を言えば、間違いないようにするにはどの基本項目を覚えていればいいのかを調べれば良いという事になります。解答速報を参考にする際は、決して問題の正解を選ぶ事を目標にして解かないことです。どんな問題の出され方をしたのかが分かればいいのです。そう考えて勉強の仕方を参考にすると良いでしょう。