最新記事一覧

学卒の人が資格を取る

女の人

勉強をするには

保育士の資格を取得するためには、主な方法として二つあります。一つ目は、保育専門学校などに入学して指定の単位を修得し、卒業と同時に免許を取得する方法です。二つ目としては、毎年行われる保育士の資格試験に合格することです。保育士の資格試験は、短期大学卒業以上の学歴があれば、保育以外の勉強をした人でも受験できます。ただ、保育士の資格試験は専門的な知識を必要とするので、受験前には何らかの方法で勉強をする必要があります。通信教育で勉強したり、夜間の学校に通ったりと、様々な方法で資格取得に向けた勉強ができます。ただ、保育士試験は実技もあるので、保育と関係ない仕事をしている人にはハードルが高くなっています。確実に試験に合格するためには、通信教育で勉強するよりも、試験対策を行っている学校に通うのがお勧めです。現在、保育士資格取得に向けた授業を行っている学校は、各都道府県にあります。仕事を続けながら通える機関も数多くあるので、通える範囲の学校があれば当たってみるのも良いでしょう。保育士試験は春と秋の2回実施されるので、1回で合格できなくとも、次を狙うことができます。2回目の試験については、前回不合格であった科目を受験すれば良いので、1度で諦めないことも肝心です。保育士の資格を取得すれば、一生ものの資格として仕事に生かせます。資格があることで、就職の機会も格段に高くなるので、今後に期待できる技能と言えます。