最新記事一覧

資格取得や内容について

食材

受検に必要な事

食育アドバイザーは食育に関する知識を幅広く備えている事を証明する資格です。子供に対して食育を行う職業についている方や、主婦の方に適した資格として注目されています。食育アドバイザーの資格を取得するのに、特に学歴などは必要ありません。栄養学などを学ぶ必要がありますが、初級資格なので難易度も低く自己研鑽向けの資格として有用です。就職に直結するものではありませんが、取得後にはキャリアコーディネーターによる就職のサポート受けられるメリットがあります。受験資格は特に設けられていませんが、指定されている通信講座のカリキュラムを受講して修了する必要があります。修了したら認定試験を受ける流れになるのですが、指定の通信教育カリキュラムを全て終了する事が必要な点を押さえておく必要はあります。試験は在宅試験であり、合格率も80%以上の難易度です。通信教育の教材は現役の食育指導のプロが監修しており、イラストや図解を多用した見やすい作りになっています。費用は5万円程であり、インターネット申込み割引も行われています。講座によってレシピ本なども付いきたり、DVDによる食育アドバイザーが実際に行う食育活動についても知る事ができます。学んだ事は実生活でも活かす事ができ、食品ラベルを見て身体に良い物を判断する事や、安全で安心できる食べ物を見極める事もできます。国も食育基本法を制定して推進するほど、食に関する仕事や知識が注目されています。その普及や推進を担う存在として食育アドバイザーに期待されています。