最新記事一覧

資格取得の為に

男性

活用できる講座やデバイス

法律系資格として弁護士や司法書士と並ぶのが行政書士資格です。難易度はこれらの内で1番簡単ではありますが、それは比較しての話であり他の国家資格の中では難関資格の1つと言えます。合格率は例年5%前後で推移してます。試験の仕組みは絶対試験と言う、他者の成績は関係なく、自身が60%以上の正答率で合格する試験です。それなのに例年5%程しか合格できないという事なので、簡単な試験ではありません。行政書士試験は毎年1回のみで11月に行われます。不合格の場合は再び1年後に受ける事になるので、独学書は多いですが予備校や通信講座を利用している方が多いです。予備校は試験に対するプロから直接講義を受ける事ができ、試験に対するサポート体制も充実しています。費用は15万円程は必要になりますが、繰り返し受験する手間と時間を省く為の選択肢として適しています。行政書士通信講座は様々な企業が行っていますが、平均で6万円程になります。地理的な理由で予備校に通えない方や、市販教材のみでは不安がある方に適しています。これら予備校や通信講座を利用している場合、解答速報の活用度合いも上がります。解答速報は試験終了後のその日の内に予備校講師等が解答を出してくれます。講座を利用していない方でもネットで解答速報は観る事ができます。解説も付いていますが、予備校や講座を受講している場合は解答速報の説明を直接聞けます。もしも不合格になった場合、解答速報は貴重な最新の過去問題になり、行政書士試験傾向を知るデバイスとなります。